上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大近(ラッキー)の回答(下記にPDFファイルにて添付しております)は、ほぼゼロ回答といえるものでした。
 実は、大近からは、多少いい回答が頂けるのではないかと淡い期待を抱いていました。といいますのも、要望書提出の際、役員の方まで対応してくださいましたし、私たちの話に真摯に耳を傾け、内部被曝についてこれから勉強していくとおっしゃったので、改善を探っていただけるのかという印象を持ったからです。
 
 ただ、食品添加物など食品へのこだわりから東北の生産者との繋がりが深く対策が難しいともおっしゃってはいました。そういった個別の事情の他に、放射能汚染を気にする消費者が少なく、対策を足らなくても売り上げに影響しないという経営判断があるのだと推測します。

 また、内部被曝につき勉強するといいましても、簡単に手に入る情報は、政府が出している内部被曝安全、食べて応援キャンペーンに則った情報ということになります。
自然放射線核種と人工放射線核種の体内での挙動の相違やシーベルト換算の問題点などが容易に理解できるものでないことは、回答書の「自然放射線の被曝量は0.43mSv/年・・・常に低量の放射線に防露されております」という記述からも読み取れます。

 また、放射能測定をすれば商品価格が大幅に上がるという言い回しも、正直、消費者を脅しているような、バカにしているようなニュアンスを感じました。測定費用は本来国や東電が負担すべきという視点、生産から流通の中で負担しきれない部分を商品価格に転嫁するという視点が欠けていると言わざるを得ません。何を節約してでも安全な食を求めたいという私たちの思いは、大近には届きませんでした。
 
 産地表示に関しても、「過度な情報公開は消費者の方々の混乱につながるため調整が必要であります」と書かれていますが、どういうことを想定しておっしゃっているのかまったく分かりません。
 
 食品添加物の問題はもちろん食の安全の重要な要素ではありますが、放射能汚染対策を採られない限りは、大近が「安全で安心な食品」を提供しているとはとうてい評価できないと思います。                                                 
                                            
                                        (畑 理枝)

大近の回答書☞<「要望書へのご回答」>


スポンサーサイト
*訪問日 2013年11月1日(金)
*訪問者 畑・メンバーT・メンバーJ・メンバーI

大近からは、営業本部本部長取締役、店舗運営部部長とそして店舗運営部副部長2名の合計4名で対応してくださいました。

まず、畑の方から当会の紹介と要望事項を説明いたしました。

次にTさんが、大近の店舗の品ぞろえや雰囲気はとてもいいが、宮城のサバ等汚染のリスクの高い魚が多数置かれているということを指摘しました。その他、常総生協の尿検査で子供にセシウムが検出されていることや内部被曝による健康被害(感染症の増加など)の話をしました。

次にIさんが、チェルノブイリから27年もたっているのに未だにジャムやキノコから高い数値が検出される現状から、20年30年後の影響が心配なことや肥料の基準が400ベクレルと高くても、田舎では農協に対して農家が物が言えない現状があるのでスーパーの方から仕入れ業者や農家に伝えてほしいとお願いしました。

Jさんは3人の子のお母さんの立場から、内部被曝の影響や汚染が分らないので広範囲に避けている現状と、大手ホテルの偽装で、食品業界に対する信頼が揺らいでいることからベクレルを表示をお願いしたいこと、添加物のこだわりと同じように放射能汚染対策をしてほしい、両輪でやってもらいたいと話しました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。