上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 各スーパーの回答が出ておりますが、たくさんの賛同、ご署名、応援をいただきながらこれといった成果が出ていないことを、まずお詫び申し上げます。

 万代、大近、大阪パルコープの回答は、ほぼゼロ回答といえるもので、その姿勢も到底消費者の方を向いていただいているとは思えません。当会は少人数の会ですので、改善の見込みがないスーパーにつきましては、交渉を終了したいと思います。

 なお、いかりスーパーにつきましては、要望書と署名提出のための面談さえ拒絶されました。他のスーパーは面談に時間を割き、回答書をくださったのでその点では誠意ある対応をしていただいたと感謝しております。

 各スーパーの回答書および回答書に対する当会担当者の評価コメントは、カテゴリのスーパー名をクリックしていただくと読めますので、ぜひご一読ください。消費者の想いを伝えるためには、商品を選択するように、スーパーも選択しなければならないと考えます。そのスーパー選択の一助にしていただければと思います。

 今後は、少しでも消費者の方を向いてくれていると思われるスーパーに的を絞ってなんらかの交渉を継続していくつもりです。

 万代、大近、大阪パルコープには下記の「要望書回答のお礼とご報告」の文書を送付いたしました。




各 位
       要望書回答のお礼とご報告
拝啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは業務ご多忙中にもかかわらず、当会の「産地表示とベクレル表示を求める要望書」の回答をいただき、誠にありがとうございました。
全回答が出揃うのを待って対応を検討することにしておりましたところ、一部回答が遅れたことにより当会の対応も遅れてしまい、御社には早々に回答をいただきましたのに、お礼とご報告がたいへん遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。

御社から頂いた回答書は、当会のブログhttp://kansaisyokutaku.blog.fc2.com/blog-category-6.html に掲載しております。併せて、回答に対する評価コメントも掲載しておりますので、ご一読いただきますようご案内申し上げます。また、評価コメントはプリントアウトしたものを本書に同封しております。

要望書提出の際の面談では総じて真摯なご対応をいただいた印象でしたが、企業としての文書回答になりますと、正直、落胆せざるを得ない内容ではありました。署名に託された消費者の声を伝えることができなかったのか、食品による内部被曝の危険性を伝えることができなかったのかと力不足を痛感しているところであります。

当会は少人数の会ですので、今後は、少しでも消費者の方を向いてくれていると思われるスーパー様に的を絞って交渉を継続していく所存であります。

なお、「治療数・手術実績数からみる病院ランキング」http://www.senmon-i.com/select_dpc.html#14 (元データ厚生労働省DPC資料)によりますと、大阪や京都の病院でも心疾患、急性白血病、甲状腺悪性腫瘍、白内障、先天性心奇形など被曝によると言われている疾患が増加しております。西日本においては、食品による内部被曝が、これらの疾患の増加をもたらしたのではないかと疑われます。

御社におかれましては、内部被曝に関する科学的知見を深めていただき、消費者の生命と健康を損なわないという食品を扱う事業者の倫理に目覚められることを切に願っております。

同封いたしました新聞広告は、食品の放射能汚染の測定データをまとめた書籍「食べる?」(ちだい著 新評論)の品切れをお詫びする案内です。声には出さなくても食品の放射能汚染を気にする多くの消費者がいることを知っていただきたいと思います。
    
以上、取り急ぎお礼かたがたご報告いたします。
敬具
 平成26年2月21日
 関西から食卓を考える会  代表 畑 理枝


スポンサーサイト
当会で使用している要望書を、全国で同じような活動をしている方々にも使ってもらえるよう添付します。
その際、下記の注意事項を必ずお読みになって厳守をお願い致します。


注意事項
1)当会に文責がありますので、文章、内容の改変を一切禁止します。
2)かならずこちらの要望書をお使いください。(賛同者の記載は使用不可です。)
3)要望書の内容に関する質問はご遠慮ください。
4)要望書添付資料の提供は致しません。


要望書ご利用の際は、当会に一言ご連絡を頂けるとありがたいです。
E-mail:kansai.syokutaku@gmail.com

※スーパーへの申し入れが全国に拡がることが私たちの願いです。


<要望書>
いつも応援・ご協力をありがとうござます。

先月までにたくさん頂いた署名を、要望書とともに、いよいよ今月から各スーパーへ提出する活動が始まりました。
これから、順次伺ったスーパーをお知らせしていきます。

*10月9日(水) 株式会社 万代 様 (スーパー名:now FRESH mandai)   
    担当の方3名でご丁寧に対応いただきました。
    (なお、万代様につきましては署名簿は提示のみとなりました)

*10月17日(木) 株式会社 ライフコーポレーション 様 
    当会のメンバー6名にて訪問させていただきました。
    要望事項の説明のほか、メンバーそれぞれの想い、そして署名に込められた消費者の思いをお話
    ししました。
    ライフ様には、お客様サービス室部長の他、品質保証部の方など5名で対応していただきました。

*10月17日(木) 株式会社 ダイエー様 
    ダイエー様につきましては、当会のミスで紙の署名用紙の宛先からダイエー様を脱漏してしまい、
    署名を提出することができなくなってしまいました。
    要望書及びオンライン署名の画面には宛先としてダイエー様を明記しておりましたので、ダイエー
    様にも署名を提出するものと信じて多くの方に署名をしていただいたことと思います。
    ほんとうに申し訳ありません。
    また、ダイエー様につきましては、登記簿上の本店は兵庫にあるのですが、同所には本社機能が
    ないということでしたので、東京本社宛に郵送にて下記の送付書を添えて要望書他を送付いたし
    ました。


(株)ダイエー  代表取締役 村井 正平 殿

拝啓 秋涼の候、貴社にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、先般、お電話でお話しいたしました「産地表示とベクレル表示の要望書」を送付させていただきます。

当会では、ひとりひとりの小さな声も集まれば大きな声になると署名を集めて要望書に添えて提出することとし、紙署名で3035筆、オンライン署名で1855筆、合計4890筆の署名が集まりました。
ところが、私のミスで、紙の署名用紙の宛先から貴社を脱漏してしまい、貴社に対しましては、署名用紙を提出することができなくなってしまいました。
しかしながら、紙の署名用紙以外には宛先として貴社を明記していること、また、関西の主要なスーパーを提出先としていることから、上記4890筆の署名者と同様の消費者の声が貴社に対してもあるものとご認識いただきたく思います。
さらに言えば、上記署名は少人数の当会が、約2か月間、京都駅、大阪駅、尼崎駅での街頭署名を中心に集めたものですので、4890筆の署名の陰には数えきれない消費者の声があるとご賢察下さいますようお願いいたします。

 なお、要望書添付資料をファイルに綴じて同封しております。私どもは内部被曝に対して強い懸念を抱いておりますが、要望書では、根拠の確かな事実のみを記載しております。その根拠の部分が要望書添付資料となっておりますので、添付資料と併せて要望書を熟読していただきたくお願い申し上げます。

また、オンライン署名の署名者のコメントをプリントアウトしたものを同封させていただきました。消費者の切実な声が伝わると信じております。

なお、要望書は5月頃推敲したものですので、その後に公表された汚染水問題、セシウム、ストロンチウム、トリチウムの大量流出による海洋汚染などには触れておりませんが、海産物の汚染には一層の注視をしていただきたいと思います。

本要望書に対する回答期限は11月10日としております。多くの消費者の声を代弁しておりますので回答書は何らかの形で公開させていただくことを申し添えます。

最後になりましたが、私が利用させていただいております「ダイエーくずは店」には「京都地場野菜コーナー」があり、地産地消を推進してくださっていることは感謝しております。一方で「世界のおかしコーナー」が無くなったのは、残念です。お肉コーナーで言えば、「さつま姫牛」「さつま王豚」はよく購入しております。しかし、加工品や惣菜、弁当などは買うことができないというのが現状です。
私たちは、消費者の声に真摯に耳を傾け安全な食品を提供してくださるスーパーを全力で応援したいと思っておりますので、前向きの回答をぜひよろしくお願い申し上げます。
 
敬具
                 平成25年10月17日           
                 関西から食卓を考える会  代表 畑 理枝
回答書 送付先
〒573-1106 大阪府枚方市町楠葉一丁目5番3号 速水ビル3階
関西から食卓を考える会 畑 理枝




*10月23日(水) イオンリテール株式会社 様 
 4名のメンバーで西日本カンパニーを訪問させていただきました。
 イオン様には、お客様サービスグループマネージャー、食品衛生担当、お客様相談担当の方の合計4
 名の方に丁寧に対応していただきました。
 イオン様の現状の放射能対策を踏まえ、検出下限値を下げていただきたいことと適正な情報提供をし
 ていただきたいことを特にお願いいたしました。
 
*10月28日(月) 大阪パルコープ 様 
 5名のメンバーで大阪パルコープ様本社を訪問いたしました。
 大阪パルコープ様には、組織部マネージャー、商品検査室担当役員、商品検査室サブマネージャー、
 事業計画室CSR担当役員の4名の方にご対応いただきました。
 大阪パルコープ様の現状の検査体制、検出下限がセシウム各20ベクレル、合算40ベクレルでは、
 汚染食品がほぼすり抜けてしまうので検出下限を下げていただきたいことを特にお願いいたしました。

*11月1日(金) 株式会社 大近 様  
 当会のメンバー4名で大近様本社を訪問しました。
 大近様には、営業本部本部長取締役、店舗運営部部長とそして店舗運営部副部長は2名様の合計4
 名様に対応していただきました。
 大近様は、食品添加物について深い知見と長年の実績がおありなので、放射能汚染についても食品
 添加物と車の両輪のように対策を採っていただけるとありがたいとお願いしました。
 なお、署名用紙は提示して確認していただきました。

*11月5日(火)株式会社 近商ストア 様
 メンバー4名で近商様本社を訪問し、要望書、署名他を提出いたしました。
 近商様からは総務部部長様が対応してくださいました。
 100ベクレル/Kgが安全という科学的根拠はないことなどをお話し、メンバーがそれぞれの立
 場から消費者の思いを伝えました。
 担当者様にはとても丁寧な対応をして頂きました。

*11月15日(金)株式会社 関西スーパーマーケット 様  
 メンバー4名で本社を訪問いたしました。
 関西スーパー様には取締役の方を含め5名で対応していただきました。
 最初に広報の方が本店階下の創業店を案内してくださるなど、とても丁寧な対応をしていただき、
 メンバーの話にも真摯に耳を傾けていただきました。
 なお、署名は、個人情報保護の観点から提示のみとなりましたが、取締役の方が頁をめくって中身
 を確認されておりました。


メンバーの都合等から少しずつの活動になりますが、確実に署名とみなさまの声を届けてきます。
引き続き、応援をよろしくお願い致します。

いつもありがとうございます。

先日、メンバー内で署名数の集計をした際、署名用紙の宛先より「(株)ダイエー様」のお名前が抜けていることが分かりました。
署名を終了した後でのご報告となり、大変申し訳ございません。


*「(株)ダイエー様」への対応*
要望書とブログの署名募集の宛先には「(株)ダイエー様」と記載していますので、予定通り要望書を提出して交渉をします。
ただし、署名用紙の宛先に「(株)ダイエー様」の記載漏れがある為、署名は提出せず、要望書にも署名数は記載しません。

また、「(株)ダイエー様」に伺う際は、要望書のみで署名を提出しない経緯を説明した上で、他のスーパーに対するものとして署名数を口頭で伝え、「(株)ダイエー様」に対しても同程度の消費者の声があると認識してほしいことをお話ししたいと思っています。


身近なスーパーへの申し入れなのに、このようなミスをしてしまい本当に申し訳ございませんでした。

今後はこのようなことがないようメンバー一同気を付けていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。


                                         関西から食卓を考える会 一同
9月15日で終了しました「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」へのたくさんのご署名、本当にありがとうございました。
オンライン署名をしてくださったみなさまにも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

遅くなりましたが、署名数のご報告をさせて頂きます。

<署名総数>
署名用紙→3020筆
オンライン署名→1855筆
合計⇒4875筆

当会は少人数の小さな会ですので、上記の署名が集まりましたのも皆様のご協力のおかげと感謝しております。
本当に、本当にありがとうございました。


また、今後の活動としましては、10月中に各スーパーに署名を添えて要望書を提出する予定です。
これからますます大事な活動になります。

どうか、変わらぬ応援やご協力をお願い致します。


                                          関西から食卓を考える会 一同
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。