上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*訪問日 2013年12月4日(水)
*訪問者 畑・メンバーI・メンバーH・メンバーY

京都生協からは、組合員の声対応事務局長、品質保証部マネージャー、CSR推進室マネージャーの3名で対応していただきました。

まず畑が、ICRPの実効線量換算係数に科学的根拠がないので100ベクレルが安全ということにも科学的根拠がないということ、被災地復興と食の安全が両立しない現状において被災地復興も大切というのは、食の安全、消費者を犠牲にして生産者に賠償しないという政府の方針に従うことに他ならないという話をしました。
要望事項の説明の中で、京都生協の検出下限値が高いこと常総生協の記事を挙げて京都生協の検査では汚染があっても抜け落ちてしまうこと、消費動向の記事から消費者が放射能汚染を気にしていることなどを指摘しました。

次にHさんが、福島中通と同じ線量のチェルノブイリの地域では子供の全員が複数の病気を抱えていること、疎開裁判で仙台高裁が、低線量被曝の危険性を認め避難しか選択がないことを実質的に認めたことなど、被曝による健康被害の話をしました。また取材を受けた実体験からマスコミが真実を伝えないことを話しました。そして、被災地では放射能の影響を過小評価するエートス運動が行われ、ものが言えなくなっているという現状の中で、生協が先頭に立って食の安全を進めることが被災地の安全につながっていくという話などをしました。Hさんのお話は聞く人の心を震えさせます。

次にIさんが、国産表示では安心できない、25ベクレルの検出下限では検査の意味がないことを指摘しました。また生産者に賠償したくないから食べて応援政策が広がっており、西宮の給食でも魚料理が増える。汚染水の問題もありストロンチウムも測定していないのにそのような献立では子供の健康が心配である。生協は東北産の商品が多く、助け合いのつもりかもしれないが結局は生産者も守れないという話をしました。

次にYさんが、生協は他のスーパーよりも信頼する人が多い。子どもは情報を取ることができず、経済的に厳しい子どもも多い。生協が地域を啓蒙するという役割を果たしていただきたいと話しました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】

スポンサーサイト
*訪問日 2013年10月28日(月)
*訪問者 畑・メンバーT・メンバーJ・メンバーY・メンバーH

大阪パルコープからは、組織部マネージャー、商品検査室担当役員、賞品検査室サブマネージャー、事業計画室CSR担当役員の4名で対応してくださいました。
役員の方に対応していただくのは初めてでした。

まずTさんが、大阪パルコープの検査体制を事前調査の上、問題点を指摘しました。検出下限がセシウム各20ベクレル、合算40ベクレルでは、汚染食品がほぼすり抜けてしまうということを実際の測定数値を挙げて指摘しました。非常に説得力があったと思います。他、店舗調査を踏まえ、産地表示のずさんな点も指摘しました。
また、常総生協の尿検査の記事と消費者動向についてお話しました。

畑は、パルコープの放射能対策(下限値が高い、数値を公表しない)が国の基準値で安全という考えに基づいていると思ったので、100ベクレルに安全という科学的根拠がないということを主にお話ししました。

Jさんが、母親としてストロンチウムが怖いので子供に魚を食べさせていないことや、いずみ生協やコープ自然派と大阪パルコープとを比較したうえで、安心安全を謳っているのがコープなので、是非よろしくお願いしたいとお話ししました。

Hさんは、避難者としての思いを切々と訴えました。低線量被曝は福島だけの問題ではなく全国の問題であるということ、それをマスコミが報道しないことを体験に基づき話されたのでとっても説得力がありました。他、疎開裁判の高裁判決を引用し低線量被曝の健康被害を裁判所が認めたことやウクライナの調査を踏まえた被曝被害のお話も訴えるものがありました。

Yさんは、被災者支援の立場から、また元教師の立場から、汚染食品を食べざるを得ない親たち子供たちに思いを馳せて、食の安全安心を訴えました。こういう運動は、身勝手と受け取られかねないので、自分のこととしてではなく被災者を支援するという立場でかかわっていただけることはとってもありがたいです。

以上、報告いたします。
【報告者・畑】



いかりスーパーマーケットについては、たいへん残念な報告をしなければなりません。

当会は、各スーパーの本社を訪問して、署名とともに要望書を手渡しして、署名に込められた消費者の切実な声をスーパーに伝えるべく、メンバーひとりひとりが思いを込めてお話しするというスタンスで活動してまいりました。

ところが、いかりスーパーには何度お願いしても訪問そのものを断られてしまうという結果となりました。

要望書提出先のどのスーパーも丁寧な応対をしてくださり、私たちの話に真摯に耳を傾けてくださいましたし、ねぎらいの言葉をかけていただくことさえありましたので、いかりスーパーの対応は、ほんとうに意外なものでした。こだわりの商品ときめ細やかなサービスを提供していることで有名なスーパーでしたので、なおさら落胆いたしました。

ですが、私たちは、いかりスーパーにも署名が提出されるものと信じて署名、賛同していただいた署名者や賛同者に対する責任があります。そこで、次善の方法として、要望書、署名、署名者のコメントなどを郵送にて提出いたしました。詳しい経緯につきましては送付書に記載いたしましたので、下記送付書にてご確認くださいますようお願いいたします。

なお、いかりスーパーには、口頭で要望事項に対する以下の回答をいただいております。

【要望事項に対する回答】
下記理由により要望事項を断る。
①要望事項全般につき、いかりスーパーが新日本スーパーマーケット協会に相談して、協会が経済産業省と農林水産省に問合せ、「国の基準をはるかに下回る厳しい要望なのでスーパーが個別に対応するものではない」との見解を貰ったのでそれに従う。
②100ベクレル/kgの基準で安全なので流通させてよいという国の基準、見解に、いかりスーパーとしては従う。
③地方の小さな一食品小売業としては、食品六法および国の放射能に関する食品基準が定める法的義務を遵守することしかする余裕がない。

 とても残念な結果ですが、いかりスーパーの回答や姿勢は、消費者がどのスーパーでお買い物しようかと選択する一材料となると思いますので、報告いたします。

【要望書送付文書】(経緯報告のために引用します)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(株)いかりスーパーマーケット 代表取締役 行光 博志 殿

拝啓 晩秋の候、貴社にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

当会は、お買い物の現場であるスーパーに消費者の声を届けるべく「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」を署名とともに提出する活動をしてまいりました。

貴社に対しましても、10月11日に当会の担当メンバーが電話にて要望書と署名を提出するために訪問面談のお願いをしましたが、これに対してまずはFAXにて要望書を送ってほしいとおっしゃいました。要望書は当会ブログでも公開しているところで、送信を断る理由はなく、担当者が上司に面会日程の話を持っていくのに資料として必要なのだろうくらいに考え要望書を送信いたしました。その後担当メンバーが面会日程につき何度かお電話しましたが、決まり次第連絡するということでしたのでご連絡をお待ちしておりました。
ところが、25日になり突然断りのお電話がありました。

そこで私が28日にお電話にて確認したところ、貴社担当者のお返事は、「FAXで要望書を受け取った」ので、新日本スーパーマーケット協会に相談して、協会が経済産業省と農林水産省に問い合わせをして国の基準100ベクレルより厳しい要望なので個別に対応する義務はないと言われた、したがって、要望事項をお断りする、断るという結論が出ているから面会もしないというものでした。

 私の方からは、
①当会は、関西に本社のあるスーパーを訪問して要望書を資料添付の上説明して提出している。また店舗調査を踏まえた個別の話や署名や署名者のコメントをお渡しして消費者の声をスーパーに届けるというスタンスである。
②各スーパーが国の基準値や食品表示法を遵守していることは重々承知している。私たちは法令に違反しているとか、法的義務の話をしているのではない。要望事項はあくまでもお願いレベルの話であり、0か100かの話でもない。
③署名者にいかりスーパーにも署名を届けるという前提で署名してもらった。
  とお話したうえで、再度、訪問する日程を検討してほしいとお願いいたしました。

しかし、残念なことに、11月5日に貴社担当者様より断るという再度のお返事をお電話にていただきました。文書でのお返事をお願いいたしましたが、文書での返事はしないということでしたので、私が一言一句おうむ返しに繰り返して確認する形で慎重にお返事を確認いたしました。その確認した内容が下記になります。
【貴社訪問について】
下記理由により面会を断る。
①社として要望事項を断るという結論が出ている。
②行政レベルの課題なので、いかりスーパーに対してではなく、行政、国に要望するのが適切、筋である。
【要望事項について】
下記理由により要望事項を断る。
①要望事項全般につき、いかりスーパーが新日本スーパーマーケット協会に相談して、協会が経済産業省と農林水産省に問合せ、「国の基準をはるかに下回る厳しい要望なのでスーパーが個別に対応するものではない」との見解を貰ったのでそれに従う。
②100ベクレル/kgの基準で安全なので流通させてよいという国の基準、見解に、いかりスーパーとしては従う。
③地方の小さな一食品小売業としては、食品六法および国の放射能に関する食品基準が定める法的義務を遵守することしかする余裕がない。

 当会は、前述のとおり、スーパー本社を訪問し面談の上、要望書、署名などを提出しており、貴社が使用目的を明示することなく要望書を送信してほしいと言い、そうして手に入れた要望書を、一方的に「要望書を受け取った」とおっしゃるのは、残念でなりません。当会といたしましては、貴社に対しましては、要望書の提出はいまだなされていないという認識でおります。

 そこで、署名者への義務を果たすべく、要望書、添付資料、署名、署名者のコメントを郵送にて送付させていただきます。

敬具
                 


平成25年11月14日           
                 関西から食卓を考える会  代表 畑 理枝

*訪問日 2013年11月1日(金)
*訪問者 畑・メンバーT・メンバーJ・メンバーI

大近からは、営業本部本部長取締役、店舗運営部部長とそして店舗運営部副部長2名の合計4名で対応してくださいました。

まず、畑の方から当会の紹介と要望事項を説明いたしました。

次にTさんが、大近の店舗の品ぞろえや雰囲気はとてもいいが、宮城のサバ等汚染のリスクの高い魚が多数置かれているということを指摘しました。その他、常総生協の尿検査で子供にセシウムが検出されていることや内部被曝による健康被害(感染症の増加など)の話をしました。

次にIさんが、チェルノブイリから27年もたっているのに未だにジャムやキノコから高い数値が検出される現状から、20年30年後の影響が心配なことや肥料の基準が400ベクレルと高くても、田舎では農協に対して農家が物が言えない現状があるのでスーパーの方から仕入れ業者や農家に伝えてほしいとお願いしました。

Jさんは3人の子のお母さんの立場から、内部被曝の影響や汚染が分らないので広範囲に避けている現状と、大手ホテルの偽装で、食品業界に対する信頼が揺らいでいることからベクレルを表示をお願いしたいこと、添加物のこだわりと同じように放射能汚染対策をしてほしい、両輪でやってもらいたいと話しました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】
*訪問日 2013年11月5日(火)
*訪問者 畑・メンバーJ・メンバーI・メンバーT

近商からは、総務部部長1名で対応してくださいました。

近商は、HPに何ら放射能汚染対策について触れられていなかったので、国の基準100Bqが安全だという認識ですかと確認したうえで、畑が主に100ベクレルが安全という科学的根拠はないという話をしました。
そのうえで要望事項を読み上げました。
また、メンバーの店舗調査に基づく要望、地産地消をさらに進めていただきたいことと、なお一層惣菜の産地表示を充実してほしいことを伝えました。

Tさんは、常総生協の記事を紹介して、食品が現実に汚染されているという事実、子供の尿検査で7割から1ベクレルが検出され、体内には200ベクレルあるという現状の指摘、さらに感染症の増加などの健康被害の指摘をしたうえで、消費者が検査をしている宅配業者を選んでいるという消費動向の紹介、風評被害という批判を恐れて黙ってはいるが多くの消費者が放射能汚染を気にしていることが給食活動や署名活動で分かったことなどを話しました。

Jさんは、3人の子の母としてスーパーめぐりをしても何も買えずに帰ってくることがあること、家族の体調不良を紹介して原因は分からないが食べ物の影響があるかもしれないこと、HPに消費者の健康、安全が行動指針として書かれている、農薬を念頭に置いてのことと思われるが、放射能も農薬と同じ考えのもとで商品を販売していただくと消費者も助かるし、そうなれば近商ストアを選ぶ人が増えるとお話ししました。

Iさんは、400ベクレルという核廃棄物よりも緩い基準の肥料がJAを通じて売られている現状の指摘、身内が農家でそのような肥料を使って農業すること自体も心配だし、作られた農作物も心配であるので、スーパーから生産者や仕入れ業者に検査をお願いしてほしいとお話ししました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】
*訪問日 2013年10月9日(水)
*訪問者 畑・メンバーJ・メンバーT

万代からは、お客様相談室室長、社長室品質管理担当チーフ、社長室品質管理担当マネージャーの3名で対応してくださいました。

畑が要望事項を、Jさんが万代の調査結果を、Tさんが給食の申し入れの成果と常総生協の尿検査の記事・消費者動向についてお話しました。
提出書類をよく検討して少しでも改善していただきたいとお願いしておきました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】
*訪問日 2013年11月15日(金)
*訪問者 畑・メンバーT・メンバーY・メンバーJ・メンバーI

関西スーパーからは、取締役の方を含め5名で対応していただきました。
最初に広報の方が本店階下の創業店を案内してくださいました。

まず畑が、他店に比べ肉類などの産地表示が充実していることや品数が多く買えるものが沢山ありそうで助かると感想を申し上げました。ただし、放射能汚染対策を取られているわけではないので汚染のリスクの高いお魚も並べられていました。内部被曝回避と風評被害防止という要望の趣旨と要望事項の説明をいたしました。

署名は、個人情報保護の観点から提示のみとなりました。取締役の方が頁をめくって中身を確認されておりました。

次にTさんが、食品の放射能汚染の状況の説明と、現に汚染の確認された茨城県産レンコンが店舗に置いてあるという指摘、京都の牛の堆肥の汚染から餌が汚染されているという現状を説明の上、関西スーパーのなにわ牧場でも餌まで配慮してほしいとお願いしました。
また常総生協の尿の調査から子供の体内にセシウムが蓄積している現状、食べて応援で全国どこでも茨城と同じ状況であると思われると指摘しました。
さらに、雑誌のアンケート記事から一般の消費者が放射能を測定可視化している通販を選択しているという消費者動向を指摘しました。何ベクレルのお肉を食べれば体内に何ベクレル蓄積するという具体的数字を挙げての話はとても説得力がありました。

次にJさんが、事前店舗調査を踏まえて現状産地で選ぶしかないが、産地表示とベクレル表示があれば消費者が選択できるとお話しました。また、関西スーパーが遺伝子組換食品での回収などの対応が良かった故とを挙げて放射能対策にも力を入れてほしいと話しました。販売者も一消費者であるから、ご自分の家族のことを考えて対応してほしいという指摘は、なるほどと思いました。

次にIさんが、今もチェルノブイリの影響で輸入ブルーベリージャムから放射能が検出されているように、日本に住む限りずっと心配が続くが、国は信頼できないのでスーパーサイドで厳しい目を持って商品を選んでほしい、そしてメーカーにも要請してほしいとお願いしました。
また、スーパーに危機感を持っていただけるように海洋汚染のシュミレーション(ドイツのキールの海洋研究所(GEOMAR))を示しました。

次にYさんが、避難者が16万人に及ぶこと、避難者は症状のあるなしにかかわらずこれ以上被曝したくないという強い思いを持っている。関西スーパーには地域で安心安全を啓蒙するという姿勢を示されることを期待したいとお話ししました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】
*訪問日 2013年10月17日(木)
*訪問者 畑・メンバーT・メンバーJ・メンバーH・メンバーI・メンバーY

ライフからは、お客様サービス室部長の他、品質保証部の方など5名で対応してくださいました。

まず畑が要望事項の説明をして、Tさんが常総生協の尿検査の記事と消費者動向についてと給食問題を含むお話をし、Jさんがライフの店舗調査を踏まえての要望を、Hさんが避難者として内部被曝の怖さを、Iさんは母親としての想いを、Yさんが元教師、被災者支援の立場からそれぞれ思いを話しました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。