上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*訪問日 2013年10月23日(水)
*訪問者 畑・メンバーT・メンバーJ・メンバーY

イオンからは、お客様サービスグループマネージャー(責任者)、食品衛生担当、食品衛生指導顧問の方3名で対応してくださいました。
また、お客様相談担当の女性社員の方が書記をされていました。

まず、畑がご挨拶と会の紹介をして、その後、Tさんがイオンの放射能汚染対策の下調べを踏まえて、問題点を指摘しました。
食品衛生指導顧問の方がバッググラウンドもあるので測定精度にも限界があるとかおっしゃっていましたが、実例、資料を提示してのTさんの話に、途中からは頷きながら耳を傾けておられました。Tさん、口調はあくまで丁寧に、中身はビシッと抑えるところを抑えての話で説得力がありとてもよかったと思います。また、常総生協の尿検査の記事と消費者動向についてのお話をしました。

畑が要望事項の説明をした後、Jさんが母親として買い物でこうこう困っているという話をしてくれました。このお買い物の話はとっても大事だと思っています。私たちは机上の空論を言っているのではないというのがとてもよく伝わりますから。
Yさんのお話もイオンの方は真剣に耳を傾けておられました。

イオンへの話は、検出下限値が高いことと、ゼロベクレルと誤解させるような情報提供に問題があることの二点が主となりました。

以上、報告いたします。


【報告者・畑】

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。