上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島原発事故から2年数か月が経過し、特に関西では、まるで原発事故などなかったかのように日常が営まれております。ほとんどの人が放射能汚染などないかのように普通に買い物をし、外食をしています。
一方で、放射能について勉強し、わが子に安全なものを食べさせたい、どの子も健康であってほしいと願うと、風評被害と非難され声をあげることさえできなくなり、一人一人のお母さんが苦しさに押しつぶされそうになっていました。

そんな中で私たちは出会いました。
食品を消費者が選べるように産地表示とベクレル表示をしてほしいというのは、どのお母さんもが心の底から願っていたことです。数人が集まったことだけでも心強い、じゃあ、小さな声でももっと集まれば大きな声になるのではないかと、署名を集めて「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」を関西の主要なスーパーに提出することにしました。これが私たち「関西から食卓を考える会」の成り立ちです。

4月22日に第一回MTをして以降数回のMTを重ね、やっと署名を開始するところまで漕ぎつけました。
「関西から食卓を考える会」は、ML登録者14名という小さな小さな会です。メンバーは関西のお母さんが中心で、その中には福島・関東からの避難者の方も含まれています。
特定の政治団体や宗教団体、既存の市民運動団体には一切属しておりません。

このような小さな会ですが、たくさんの賛同の声をいただき、お買い物の現場であるスーパーに消費者の声を届けたいと思っております。

どうか、署名又は賛同のご支援をお願い申し上げます。

代表 畑 理枝
事務局 大阪府枚方市町楠葉一丁目5番3号 
E-mail:okotowaribag@yahoo.co.jp


[活動方針]
活動予定
7月1日~   「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」の署名活動開始
街頭署名活動は、JR大阪駅・京都駅・尼崎駅等を予定
  ※日程等が具体的に決定しましたら都度告知いたします
9月15日    署名締切
9月下旬~10月 各提出先に署名とともに要望書を提出・交渉

[当会のルール]
どんな時も笑顔を忘れない!
議論は顔を見てする。メールでは誤解、行き違いが生じるから。
それぞれが得意なことをできる範囲で分担して行う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。