上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは、パルコープの回答趣旨を整理します。回答文書は、下記にPDFファイルにて添付しております。

(回答のまとめ)
前提
◎食の安全確保の為には制度の整備が重要である。
→要望内容は国・地方自治体等行政機関に提出し実現する内容であり、生協が独自に対応できる内容ではない。
◎今日の食品添加物や残留農薬等の基準や表示に関する制度の前進には、生協の運動が貢献している。

① 測定とベクレル表示について 
A.測定~検査体制は現状維持、HPに検査結果掲載(国の基準値以下の数値についてはND)
 
B.ベクレル表示~行わない     
→国の基準を遵守する立場である。国の基準値以下の数値についてはNDとして、独自には表示しない。

② 産地表示について~現状維持
→放射能問題にかかわらず、可能な限り明確にする努力を今後も行う。
 
(加工品・惣菜類)製造者により基準値の確認がなされている。生協独自でも抜き取り検査を行っている。
(水産物)産地点検を重視している。                                                                                以上


 おおさかパルコープは、早期から商品検査室にてゲルマニウム半導体検出器で検査をしており、100/毎月程度の検体を検査しています。
しかし、検出限界値は非常に高く、セシウム各20Bq/㎏、更には「国の基準値以下の数値は表示しない」という驚くべき体制をとっています。
これでは消費者は、放射性物質含有の有無や含有レベルを判別できません。
回答書にある通り「生協とは食の安全・安心を求める消費者が立ち上がって創った団体」です。そして、安全・安心な食料を提供するのは、消費者に対しての責任感ある生産者であり、生協が生産者を重視することはよく理解します。
しかし、面談でもパルコープにお伝えした通り、現在のおおさかパルコープは「生産者8割・消費者2割」の優先度になっていると思います。
たとえそれが、放射能汚染地の生産者であっても・・・
それ故、当会からの「消費者の要望」に対して、熟考された様子もなく、ひらりと交わすような回答になったのだろうと評価しています。
 おおさかパルコープには、本来の生協としての姿勢を取り戻していただきたい。
そして、今までの消費者運動ノウハウを以って、政府に対して基準値の引き下げを求める運動を起こしていただけないでしょうか?

                                            ( 田村 )

おおさかパルコープの回答書☞パルコープの見解と回答


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。