上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 各スーパーの回答が出ておりますが、たくさんの賛同、ご署名、応援をいただきながらこれといった成果が出ていないことを、まずお詫び申し上げます。

 万代、大近、大阪パルコープの回答は、ほぼゼロ回答といえるもので、その姿勢も到底消費者の方を向いていただいているとは思えません。当会は少人数の会ですので、改善の見込みがないスーパーにつきましては、交渉を終了したいと思います。

 なお、いかりスーパーにつきましては、要望書と署名提出のための面談さえ拒絶されました。他のスーパーは面談に時間を割き、回答書をくださったのでその点では誠意ある対応をしていただいたと感謝しております。

 各スーパーの回答書および回答書に対する当会担当者の評価コメントは、カテゴリのスーパー名をクリックしていただくと読めますので、ぜひご一読ください。消費者の想いを伝えるためには、商品を選択するように、スーパーも選択しなければならないと考えます。そのスーパー選択の一助にしていただければと思います。

 今後は、少しでも消費者の方を向いてくれていると思われるスーパーに的を絞ってなんらかの交渉を継続していくつもりです。

 万代、大近、大阪パルコープには下記の「要望書回答のお礼とご報告」の文書を送付いたしました。




各 位
       要望書回答のお礼とご報告
拝啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは業務ご多忙中にもかかわらず、当会の「産地表示とベクレル表示を求める要望書」の回答をいただき、誠にありがとうございました。
全回答が出揃うのを待って対応を検討することにしておりましたところ、一部回答が遅れたことにより当会の対応も遅れてしまい、御社には早々に回答をいただきましたのに、お礼とご報告がたいへん遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。

御社から頂いた回答書は、当会のブログhttp://kansaisyokutaku.blog.fc2.com/blog-category-6.html に掲載しております。併せて、回答に対する評価コメントも掲載しておりますので、ご一読いただきますようご案内申し上げます。また、評価コメントはプリントアウトしたものを本書に同封しております。

要望書提出の際の面談では総じて真摯なご対応をいただいた印象でしたが、企業としての文書回答になりますと、正直、落胆せざるを得ない内容ではありました。署名に託された消費者の声を伝えることができなかったのか、食品による内部被曝の危険性を伝えることができなかったのかと力不足を痛感しているところであります。

当会は少人数の会ですので、今後は、少しでも消費者の方を向いてくれていると思われるスーパー様に的を絞って交渉を継続していく所存であります。

なお、「治療数・手術実績数からみる病院ランキング」http://www.senmon-i.com/select_dpc.html#14 (元データ厚生労働省DPC資料)によりますと、大阪や京都の病院でも心疾患、急性白血病、甲状腺悪性腫瘍、白内障、先天性心奇形など被曝によると言われている疾患が増加しております。西日本においては、食品による内部被曝が、これらの疾患の増加をもたらしたのではないかと疑われます。

御社におかれましては、内部被曝に関する科学的知見を深めていただき、消費者の生命と健康を損なわないという食品を扱う事業者の倫理に目覚められることを切に願っております。

同封いたしました新聞広告は、食品の放射能汚染の測定データをまとめた書籍「食べる?」(ちだい著 新評論)の品切れをお詫びする案内です。声には出さなくても食品の放射能汚染を気にする多くの消費者がいることを知っていただきたいと思います。
    
以上、取り急ぎお礼かたがたご報告いたします。
敬具
 平成26年2月21日
 関西から食卓を考える会  代表 畑 理枝


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。