上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イオンは、震災後早期に自主検査を実施し、「放射性物質ゼロを目標に検査体制を強化します」と高らかに宣言されておりました。

それにもかかわらず、多くの消費者は、イオンの放射能対策を支持することができないでいるのではないでしょうか。

その原因の一つは、セシウム各5~10Bq/kg程度というイオンの自主測定の検出限界値の高さにあります。
これでは放射能汚染された食品が、検出限界値以下ということで検査をすり抜けて店頭に並んでしまいます。

せっかく高価なゲルマニウム半導体検出器による検査を実施しながら、安全にも安心にも結びついていないのは、とても残念です。
 
 そこで、当会では、イオンに検査体制の改善を図ってもらうべく、イオンで売られている食品を購入し、高槻市民測定所にて検査を実施しました。

高槻市民測定所の検査体制は、以下のとおりです。

測定機器 iFKR-ZIP
測定時間(秒) 36000sec
定量限界1Bq/Kg


それでは、検査結果を紹介します。


【茨城県産レンコン】

購入日: 2月16日
購入店: イオン大日店
測定日: 2月18日
解析結果: Cs全体 14・4Bq/Kg±0・3(定量限界1Bq/Kg)
(内訳:Cs134 4・7Bq/Kg±0・3,Cs137 9・7Bq/Kg±0・3)
評価: 明瞭です


クリック☞放射能測定結果

この検査結果からイオンの自主検査の問題点がいくつか浮かび上がってきました。

1)リスクの高い食品が測定されていないこと
 茨城県産レンコンは、行政の測定でもセシウムが多数検出されています。(厚生労働省「食品中の放射性物質検査データ」)http://www.radioactivity-db.info/

 それにも拘わらず、レンコンの測定実績は、イオンのHP公開検査リストに於いて下記1件しか見当たりません。
検査結果確認日商品名産地 セシウム134     検出下限値セシウム137 検出下限値 
2014/02/11れんこん茨城県検出せず 5.0 検出せず5.4

http://www.aeon.jp/information/radioactivity/results.html

 イオンは汚染のリスクの低い西日本の農作物を数多く検査しています。検査対象品目が合理性に欠けると言わざるを得ません。

2)検出限界値が高いこと
 イオンの検出限界値はセシウム各5~10Bq/kg程度というものです。上記レンコンの検査でも、汚染されたレンコンが不検出として検査をすり抜けているおそれが高いです。

ゲルマニウム半導体検出器による検査では、測定時間に1時間程度かければ検出限界値1ベクレル/kg程度の精度を確保できるということです。

検出限界値を高くすればあれもこれも不検出になりますが、それでは検査の意味がありません。検査対象食品を汚染のリスクの高いものに絞ることにより測定時間を確保すれば、検出限界値1ベクレル/kgの厳密な検査が可能になります。

 また、イオン久御山店では徳島産レンコンのみが売られていましたのに、同じ日に大日店には茨城産レンコンのみが売られていました。地域にかかわらず安全な商品を置いていただきたいと思います。

【トップバリュ 福島県産コシヒカリ ランチパック】

製造者: 株式会社ケーブルマーク(新潟県魚沼)
購入日: 2月16日
購入店: イオン久御山店
測定日: 2月19日
解析結果:定量限界以下 (定量限界 1Bq/Kg)
評価: Cs134、137どちらも不検出でした。


クリック☞放射能測定結果

話題の商品です。
正直、不検出という検査結果が意外でしたので、検出されない理由を知りたくて、詳細をイオンお客様サービスセンターに問い合わせました。

(質問)汚染の低い地域のお米に限定しているのか?
→(回答)福島県内の米で地域は限定していない。

(質問)測定機器は?検出限界値は?どの段階で検査しているのか?
→(回答)イオンがゲルマニウム半導体検出器で独自に測定している。この商品の検出限界値は、セシウム134が6・5Bq/Kg、セシウム137が7・3Bq/Kg、ヨウ素が4・9Bq/Kg。
玄米の段階で測定している。
イオンの独自基準は50Bq/Kgではあるが、検出されたものは使わないことにしている。現状、ランチパックの玄米で検出されたものはない、とのことでした。


福島市民測定所の福島産コシヒカリの測定によると、玄米→ご飯で10分の1近くになるようです。
http://crms-fukushima.blogspot.jp/2013/01/cs.html?m=0

同、お米測定プロジェクトhttp://crms-fukushima.blogspot.jp/p/blog-page_2.html?m=0

数値のばらつきが大きいですが、イオンの検出限界値では玄米の状態でも不検出もあり得ると思います。そして玄米→精米→ご飯 という段階を経るごとに数値が下がり、ご飯になると不検出になることもあるのだと思います。

検出限界値を1Bq/Kg程度に引き下げ、検査サンプル数を増やし、検査結果を表示すれば、購入するという選択も充分あると考えます。

汚染がないにもかかわらず購入を避けるという本当の意味での風評被害を払拭するには、厳密な測定と表示以外にないと確信しました。

当会が風評被害払拭のためにも厳密な測定とベクレル表示を要望している所以です。

【国産和牛 かたばら焼き肉用】
購入日: 2月16日
購入店: イオン久御山店
測定日: 2月17日
解析結果:定量限界以下 (定量限界 1Bq/Kg)
評価: Cs137のみ検出 Cs134はND(不検出)でした


クリック☞放射能測定結果

個体識別番号で調べた成育歴は以下のとおりです(一部伏字)。

これも定量限界以下というのは意外でした。飼料に相当注意されたのではないかと想像します。

個体識別番号 出生の年月日雌雄の別母牛の個体識別番号 種別(品種 )
1380167***H 23.09.02去勢 (雄)0111055***黒毛和種

飼養県異動内容 異動年月日飼養施設所在地氏名または名称
1福島県出生  H 23.09.02いわき市***
2福島県転出 H 24.05.09 いわき市***
3福島県搬入 H 24.05.09本宮市福島県家畜市場
4福島県取引H 24.05.09本宮市福島県家畜市場飼養管理情報へ
5茨城県転入H 24.05.09常陸大宮市 ***
6茨城県転出H 26.01.27 常陸大宮市***飼養管理情報へ
7茨城県搬入 H 26.01.27 東茨城郡茨城町(株)茨城県中央食肉公社
8茨城県と畜H 26.01.27東茨城郡茨城町(株)茨城県中央食肉公社

 
定量限界以下(定量限界 1Bq/Kg)なのに、国産和牛という表示では避けてしまう、個体識別番号で成育歴を調べるとなおさら避けてしまうのではないでしょうか。
「検査済み 放射性物質に対する検査を実施しています」との掲示がありますが、行政の検査は概ね検出限界値25Bq/Kgです。

せっかく飼料に注意してほぼ不検出と言ってよい程度にまで汚染を軽減しながらこのような表示では、購入するという判断ができません。

厳密な測定と測定結果の表示をすることこそが生産者の努力に報いることになるという思いを強くしました。

【トップバリュ 国産中粒納豆】
購入日: 2月16日
購入店: イオン大日店
賞味期限:2014.2.24
製造工場:あずま食品(株)三重工場(記号A693)・・・A348の場合は栃木工場
測定日: 2月18日
解析結果:定量限界以下 (定量限界 1Bq/Kg)


クリック☞放射能測定結果

イオンお客様サービスセンター に問い合わせた結果は以下のとおりです。

国産大豆使用。地域の特定はできない。ロットによって異なる。
当製品は、H25年度産大豆使用。
原料大豆&製品のイオン自主検査はしていない。メーカーが原料検査をしているが概要は分からない。


大豆は高濃度のセシウムが検出されている事例が多数あります。産地が限定されていない以上、上記の測定結果をもってすべての同商品が安全と判断するのはリスクがあるのではないかと考えます。

【北海道産 なめたかれい】
購入日: 2月16日
購入店: イオン大日店
測定日: 2月17日
解析結果: 定量限界以下 (定量限界 1Bq/Kg)
評価:相当する位置にピークはあるのですが、天然核種の重なっている部分もあり、トータルでは定量限界以下でした。

 
クリック☞放射能測定結果

【日清ペットフード JPスタイル ドッグフード (主原料国産にこだわり国内で作りました)】
購入日: 2月16日
購入店: イオン久御山店
測定日: 2月19日
解析結果: 定量限界以下 (定量限界 1Bq/Kg)
評価:Cs134,Cs137に相当するピークはありますが、定量限界以下でした。

 
クリック☞放射能測定結果


 日清ペットフードお客様センターに問い合わせた結果は以下のとおりです。

原材料:原材料は小麦、脱脂大豆、チキンミール。国産ということで産地は限定していない。
製造工場:神奈川県鶴見工場、水道水利用。
測定について:自主検査している。すべての商品を全ロット測定。製品の段階で測定。
ベクレルモニター(Nalシンチレーション LB200)にて検出限界値セシウム合算50Bq/Kg、測定時間30分にて測定、数値が出たものをゲルマニウム半導体検出器(キャンベラ社 GC2518)にて精密検査、検出限界値はセシウム合算20Bq/Kg測定時間は15分~20分。
独自基準:国の基準より低い基準を設けているが風評被害を生む、同業他社に影響するので一切公表していない、ということです。


 みなさんは、どのように評価されますか?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。